ノンバンクからの借入

真っ先に手を出す手段ではないけれど、時と場合によっては必要となってくるのが、ノンバンクからの借入です。銀行からの借入と、銀行以外の金融業者からの借入では、その意味合いに大きく差が出てきます。しかし、資金繰りが滞ってしまっては元も子もありません。ですから、ノンバンクからの借入を行う場合は、その性質をよく理解した上で、上手に付き合いましょう。

 

ノンバンクは闇金融ではありませんから、きちんとしたお付き合いをすれば、決して問題となるものではありません。特に中小企業にとっては、ノンバンクを利用する事も、ファイナンスの中のひとつと言えるでしょう。このご時勢ですから、資金調達には銀行しか利用しないなどとこだわる必要もないと思います。むしろ、ノンバンクからの借入を上手に利用する事が、これから先の資金調達を円滑に行っていく上で重要なポイントと言えるのではないでしょうか。

 

ちなみに、ノンバンクの定義ですが、預金業務や為替業務を行わない金融業者の事を指します。ですから、消費者金融やクレジットカード会社などもこのノンバンクの中のひとつなんですね。それを踏まえて考えると、ノンバンクは悪いものでもなんでもありませんし、貸し渋りをする銀行に比べて、多少の金利の差はあるものの融資をしてくれる事に変わりはないわけですから、利用する価値は十分あると思います。だからと言ってノンバンクからの借入を積極的にお勧めする訳ではありませんが、銀行からの借入とうまく使い分ける事で、ノンバンクは銀行と同じ位有効な資金調達の手段となる事は間違いありません。

ノンバンク記事一覧

ノンバンクで借入を行うということは、実際にどのようなものなのでしょうか。まずノンバンクはその名前の通りに銀行が業務を行っているわけではなく、融資業務を主体としている金融会社のことを指しています。種類としては商工ローンや消費者金融から信販会社などと様々あるのですが、いずれも銀行とは大きく営業形態が異なりますので預金や送金などの業務は基本的に行われていません。そうした事から、業務の中心となる融資を行う...

ノンバンクの利用を考えている方にとって、最大のネックとなっているのは金利であるといえます。確かにノンバンクの場合は金利が高く設定されていますので、返済期間が長引いてしまえば、その分だけ高い金利分を払い続ける事になり、支払う分が増えてしまえば負担もより重く圧し掛かってくることになりかねません。一方で銀行の場合は、ビジネスローンであっても金利が安いという事がありますので、できればそちらの方でゆうしをお...

ノンバンクで借り入れを行う際には安い利率であることがまず第一に求められます。そのため、ノンバンクを比較する際にはこの金利のパーセンテージで比較検討するのが一般的なのですが、短期間の借り入れの場合には利子がそれほど膨らむ物ではありませんので、実際に計算してみて金額を算出すると意外と差が無い場合もあります。ただこの利率の計算というのはどのよう算出すれば良いのか意外と知らない方も多く、実際にはどういった...