ノンバンク 安い利率

ノンバンクで借り入れを行う際には安い利率であることがまず第一に求められます。

 

そのため、ノンバンクを比較する際にはこの金利のパーセンテージで比較検討するのが一般的なのですが、
短期間の借り入れの場合には利子がそれほど膨らむ物ではありませんので、
実際に計算してみて金額を算出すると意外と差が無い場合もあります。

 

ただこの利率の計算というのはどのよう算出すれば良いのか意外と知らない方も多く、
実際にはどういった計算式になるのでしょうか。

 

計算方法は契約した返済方法によっても異なるのですが、
単利の場合には元本×{(1+金利)×借入期間}=返済金額となり、
複利の場合には元本×(1+金利)×n乗=返済金額という計算になります。

 

例えば1年間に300万円を単利で金利15パーセントで借り入れした場合を計算してみると、
300万×(1+0.15×1)=345万円となります。

 

また年単位ではなく1ヶ月単位で借り入れをする場合、
上記と同じ300万円を単利で金利15パーセントとした計算では、300万×(1+0.15×1/12)=303.75万円となります。

 

ノンバンクはイコールで利率が高いというのはよく聞かれるのですが、実際のところ短期間の借入であれば金額が指し示しているように非常に低い融資コストだけで済ませることが出来ます。

 

このようにな低コストであれば会社の負担を増やすことも無く、
安定した金策の一つとして充分に活用することができると言えます。

ノンバンク 安い利子

最近ではノンバンクでもそれほど高い金利ではなく、安い利子の支払いで済む場合もあるのですが、
どこの会社でもそうした事情がある訳ではありませんので、しっかりと比較検討するということが大切になります。

 

特に金利の数値が何%と設定されているかという点を確認しておくことは非常に大切で、
まず基本として利息制限法により定められている法定金利を超えていないか、
というポイントの確認をしっかり行っておきましょう。

 

ノンバンクの場合は、実績があり安心できる会社もあれば、
まるで闇金のような暴利をむさぼるような会社もごく一部ですが存在しますので、
法定金利が守られているかというのは会社の信頼性を見るための一つの物差しになるのです。

 

現在、利息制限法による法定金利は元本の金額に応じて3段階に分かれており、
元金が10万円未満の場合は年率20パーセント、元金10万円以上で100万円未満の場合は年率18パーセント、
元金100万円以上の場合は年率15パーセントと各々定められています。

 

ただノンバンクも複数社が存在する中で、お互いが顧客を取り合うサービス合戦が行われていますので、
法定金利ぎりぎりで高止まりするということはありません。

 

銀行の低い金利には及びませんが、限りなくそれに近い安い利子を設定している場合が多くありますので、
どこでも良いというわけではなく利子が安いという点も含めた様々なサービスや諸条件を比較検討したうえで、
申込みを行うノンバンクを決めましょう。